薬物療法(点滴・内服) 千葉県我孫子市のあびこ痛みのクリニック‐整形外科‐は湖北駅5分、痛みをとる専門医(神経ブロック注射・トリガーポイント注射)

薬物療法(点滴・内服)

  • TOP
  • 薬物療法(点滴・内服)

薬物療法全般の概要

薬物療法の最も優れた点は、内服であれば自宅で誰でもできることです。しかし、体に合うかどうか判断するには、慎重な問診と処方が必要です。

患者さん一人一人に、生活習慣の違いがあり、家庭環境の違いがあります。

市販薬や一般的な鎮痛薬で痛みが良くならなかった方はぜひご相談ください。当院では、軟膏や湿布や点滴も行います。症状の緩急に合わせ使い分け、副作用を少なく効果が高い治療を優先して行なっています。

ノイロトロピン点滴

ノイロトロピンとは

ノイロトロピンというお薬は体に備わっている痛みを抑える経路を働かせるお薬です。

また、血液の流れを改善する働きもあるため、さまざまな痛みの治療に利用されるお薬です。痛みの原因にはブラジキニンという物質が関与しているのですが、このブラジキニンを抑える働きがあるお薬で、点滴だけでなく飲み薬として利用されることもあります。

痛みの神経の働きが鈍感になり、神経が障害されて起こる痛みによい効果が期待できます。

どういう病気の時に使うのか

ノイロトロピンが使われるのは帯状疱疹後に痛みが残ってしまった場合や、慢性的な腰の痛み、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、変形性関節症といった筋肉や関節の痛みに対して用います。

従来利用されていたNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)とは全く作用の仕組みが異なるお薬ですので、点滴で投与を受けた後に胃の痛みが出てくる心配もありません。

点滴
ノイロトロピンのメリット、デメリット

ノイロトロピンのメリットは点滴などの投与を行うだけで治療ができるので、非常に簡単に利用できるという点にあります。

副作用としては発疹や蕁麻疹などの報告があるのですが、ほとんど副作用が出ない方が大半です。
しかし、痛みを止める効果としてはあまり強くは無く、効果が出るまでにある程度の時間がかかります。

ノイロトロピンは点滴だけでなく、錠剤のお薬を利用することもできるので、痛みにお困りの場合には医師にご相談ください。

オピオイド系鎮痛薬

オピオイド系鎮痛薬とは

オピオイドというのは一般的にはモルヒネに代表される麻薬性鎮痛薬という種類に分類されるお薬です。

麻薬と聞くと非常に危険なイメージがあるかもしれませんが、手術に伴う痛みの緩和や、慢性的な強い痛みを抑える上で欠かせない非常に重要なお薬です。

オピオイドは効果も強いですが副作用もあるため、しっかりと医師の管理の元で決められた服用の仕方を守る必要があります。

オピオイド系鎮痛薬を使う病気の治療

手術の際の痛みの緩和や、術後の疼痛の緩和、外傷による痛み、分娩時の痛みをコントロールするために病院で頻繁に利用されています。

このほかにも、がんの痛みの緩和や神経が損傷された後に起こる痛みの緩和にも効果があり、お薬の種類も非常に多く利用する事ができます。

オピオイドを利用する際に他の種類の痛み止めと併用し、弱いオピオイドを利用する事もできます。
お薬を利用する時に不安がある方は遠慮なく医師に相談をして、生活に合ったお薬を選んで使っていきましょう。

オピオイド系鎮痛薬のメリット、デメリット

オピオイドのメリットはさまざまな強さのお薬があるという点にあります。

弱いお薬から強いお薬まで色々なオピオイドがあり、持続時間も様々です。患者さんの実情に合ったお薬を選びながら使うことができるので、患者さんの生活の質を向上させる上で役立ちます。

しかし、便秘や吐き気などの副作用が出てしまう事もあるため、副作用について注意しながら使わなければいけません。

プレガバリン・ガバペンチン等

プレガバリン・ガバペンチンとは

プレガバリンやガバペンチンというお薬は痛みを伝える神経の働きを抑えるお薬です。

神経の間には神経伝達物質という痛みの情報を伝える際に神経の間で受け渡される物質があるのですが、この神経伝達物質の放出を邪魔することで痛みを伝えにくくする働きがあります。

帯状疱疹後の神経痛に初めて利用されて以来、徐々にその利用が拡大されています。

プレガバリン・ガバペンチンを使う病気の治療

痛み止めと聞くと関節や筋肉の痛みを抑えるというイメージがあるかもしれませんがプレガバリンやガバペンチンは筋肉の痛みにはあまり利用されません。

これらのお薬は神経が原因となっている痛みに利用され、帯状疱疹後神経痛や、線維筋痛症という原因不明の痛みが全身に出てくる病気に用いられています。

また、ガバペンチンはてんかん発作を抑える働きがあり、てんかんの予防薬として利用される事もあります。

点滴

プレガバリン・ガバペンチンのメリット、デメリット

プレガバリンやガバペンチンは痛みを抑える仕組みが従来の痛み止めやオピオイドと全く異なる仕組みで働くお薬です。

このため、従来の痛み止めで見られた服用後の胃の痛みや、オピオイドを服用したときに見られる便秘・吐き気といった副作用は現れません。

一般的には眠気やめまいが出ることもあるのですが、重大な副作用が少ないため子供からお年寄りまで安心して利用できるお薬です。腎臓の働きが悪い場合には投与量の調整や投与間隔の調整が必要になるので、医師と相談しながら服用をしましょう。

各種消炎鎮痛薬

消炎鎮痛薬とは

消炎鎮痛薬は非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)という、炎症や痛みを取ったり、解熱作用のあるお薬です。

皆さんが薬局で購入することができる解熱剤や風邪薬の中にも入っている成分で、病院ではさまざまなお薬の中から患者さんに合ったお薬を選んで使用していきます。

服用するだけで痛みをしっかりと抑えてくれるので、炎症を伴った痛みに広く使われていて、患者さんにとっても非常に身近なお薬の一つでは無いでしょうか。

消炎鎮痛薬を使う病気の治療

消炎鎮痛薬は頭痛や生理痛、捻挫やぎっくり腰などの急に起こる痛みに非常に効果的です。

痛みを止める作用も強いので、広く利用されています。腰痛、関節痛、神経痛、筋肉痛、肩こり痛、打撲痛、骨折痛、ねんざなど、筋肉・関節・骨の痛みを感じたときに利用されるのが一般的です。

お薬の成分にもさまざまな物があり、痛みの程度や患者さんの希望に合わせてお薬を選んでいきます。

消炎鎮痛薬のメリット、デメリット

消炎鎮痛薬は痛みを抑える作用があり、お薬の使い方も様々です。

しかし、胃の痛みなどの副作用が出る事が多く、服用する際に胃薬を一緒に服用する必要があります。また、アスピリン喘息などの痛み止めが原因となった喘息がある方には使う事ができないため、この場合には他の痛み止めの利用を考えなければいけません。

また、妊婦さんの場合にはお腹の赤ちゃんに悪影響を与えてしまうため注意が必要なお薬です。

末梢神経障害性疼痛治療薬

末梢神経障害性疼痛治療薬とは

末梢神経障害性疼痛治療薬は体の痛みを伝える神経の異常が原因で起こる痛みを治療するお薬です。

神経障害性疼痛には障害された場所に一致した部位に起こる痛みや、刺激によって引き起こされるビリビリとした痛みなどがあり、感覚の低下や感覚の過敏を伴う事があります。

このような神経の異常に伴って起こる痛みをコントロールする上で末梢神経障害性疼痛治療薬が活躍します。

末梢神経障害性疼痛治療薬を使う病気の治療

末梢神経障害性疼痛治療には様々なお薬を利用します。

プレガバリン・ガバペンチンなどの神経の情報伝達を邪魔するお薬や、S N R Iや三環系抗うつ薬などのうつ病のお薬を使う事が一般的で、痛みがひどい場合にはオピオイドという種類のお薬を併用していきます。

治療薬

末梢神経障害性疼痛治療薬のメリット、デメリット

末梢神経障害性疼痛の治療は患者さんの負担を軽減する上で非常に大切な治療です。

痛みというのは生活の質を著しく低下させてしまい、肉体的な苦痛だけでなく、精神的にもかなりの負担を強いられます。

このため、治療薬を組み合わせながら治療を行い、しっかりと疼痛を取り除かなければいけません。しかし、治療のお薬に伴う副作用にも注意が必要で、副作用の管理まで含めて適切なお薬の選択を心がけた治療を行う必要があります。

概要

院長 大岩 彩乃
スタッフ 6名
標榜科 ペインクリニック外科・疼痛緩和科・麻酔科
・整形外科・リハビリテーション科・内科
所属・資格 日本麻酔科学会 専門医・指導医
日本ペインクリニック学会 専門医
日本区域麻酔学会 認定医
日本緩和医療学会 認定医
ICD(インフェクションコントロールドクター)認定医
住所 〒270-1132 千葉県我孫子市湖北台8-7-4
電話番号 04-7170-2870
FAX番号 04-7170-2871
連携医療
機関
東京慈恵会医科大学病院(本院、柏病院、他) 
東邦大学医療センター大森病院(大森、大橋、佐倉) 
我孫子東邦病院 
名戸ヶ谷あびこ病院 

診療時間

診療時間 日祝
09:00 〜 12:00
(受付8:45~)
14:00 〜 17:00
(受付13:45~)

※休診日:水曜・日曜・祝日

自費診療には各種クレジットカードがご使用いただけます
(保険診療には使えません)